本文へスキップ

脳幹活性 オプセラピー研究所(重度アトピー)

予約サイトお問合せフォーム

Tel: 03-5979-4745

腰痛Low back pain

何処に行っても改善されない腰痛の方必見!!

GoogleやYahoo!で毎月9万件も「腰痛」というキーワードで検索されているほど、腰痛で悩んでいる方は多いのでしょう...。その腰痛の原因が首だと思われる方は、(ピンと来る方もいるかもいるかもしれませんが) 殆んどいないと思われます。
オプセラピーでは、腰の治療は一切行いませんが、腰の状態が改善される方はとても多いです。皆さん不思議がられますが、私どもでは不思議でもなんでもないのです。そのことを、このサイトをご覧になり、ご理解頂ければ幸いです。

左の写真のように、上部の頸椎とはかなり小さく、大きな頭蓋骨を支えています。骨の接点は小指の先(第一関節)の部分ほど、この小さな接点で頭蓋骨を支えているのです。

頸椎1番目(C1)は、他の頸椎・背骨の部分より可動行きが大きく、動きやすく出来ています。回旋(ひねり)や側屈(左右に横に倒す)、上下(あごの上げ下げ)というように、首を自由に動かすためにかなりの可動を行うからです。動きやすいということはズレ易いと言えるのです。

腰痛に影響する上部頸椎の歪みは、いつから?どんなことで?

 ■ 生まれてきた時から歪む
 ■ 生活習慣での歪みや、スポーツ・音楽で歪む
 ■ 眼の使い過ぎで歪む
 ■ 衝撃により歪む
 ■ ストレスにより歪む


詳しくは、上部頸椎のページへ


上部頚椎の歪みが、腰痛になりやすい姿勢に!!

下記パターンが複雑に組み合わさり、その人の特徴ある歪みを形成しています。それは、子供の時から始まっている微妙な歪みが、「生活習慣(右利き・左利き等)やスポーツ歴、音楽歴といったバランスの状態を長く続けること」「何かしらの衝撃」、加えて最近では「ゲーム・携帯・パソコン等の目を酷使すること」等により、複雑に歪んでいきます。 眼については、効き目があるので、両方を同時に均等に使っていないということによる負担の積み重ねが、 頸椎の上部を歪ませていきます。
頸椎が歪むと、最終的に腰に負担がかかり、腰痛の症状へと導くのです。

頸椎が前に歪み、腰に負担をかけるパターン
左下の写真のように頸椎が前に歪むと、頭蓋骨が前に歪み、支えてる首がストレートネックになったり、肩が前になり猫背気味になったりします。腰も前に滑るような状態になるので、腰痛の症状が出る方も、かなりの割合でいます。
また、前方の歪みに加え、下の写真のように上下の歪みが発生してきますので、バランスのとり方も複雑になります。

頸椎が横に歪み、背骨の湾曲が、腰に負担をかけるパターン
左の写真のように、頸椎が横に歪むと、それと同時に斜め上に歪むという現象がおこります。大きな頭蓋を支えている小さな頸椎が歪むと、頭蓋骨が傾き、それを支えるために頸椎の下の部分や胸椎あたりで歪みが生じ、最終的には腰椎あたりも歪み、腰痛の症状を作ります。
腰痛の方で、このような姿勢の方はかなり多いです。   

頸椎が捻じれ歪み、負担をかけるパターン
左の写真のように、頸椎が捻じれ歪むと、頭が捻じれた状態になります。脳は頭を正面を向かせるために、肩を反対側に捻じりバランスを取ろうとするため、最終的には腰も捻じれます。


上部頚椎調整を受けると姿勢や座り方が変わる!!

現代人に多い姿勢は、骨盤後傾(お尻が滑り落ちるような状態)の姿勢です。この姿勢は、腰に負担がかかり、また、内臓への負担にもなり、自律神経の不調和をもたらします(下痢・便秘・婦人科系疾患)。
腰痛の場合、殆んどの方が「腰は腰」という治療している方かと思われますが、当方で首だけのアジャスト(上部頸椎調整)をすると、今まででは得られない改善が起こるため、皆さまとても不思議がられます。しかしながら、当方では、不思議でもなんでもなく当たり前のことだと考えています。



オプセラピーは、様々な腰痛に!!

●疲労性の腰痛
夕方痛くなるが、朝にはわりと痛みが軽減している(まだ軽い症状、だましだまし生活出来る状態)。逆に、朝起きた時に痛い、痛みで朝方起きる...、日中になると段々軽くなるというようなもの(かなり進んだ状態で、早急な対応が必要)。このどちらの症状にも、オプセラピーの上部頚椎調整は有効です。
上部頸椎を調整すると、脳幹部がしっかり働きだして、溜まった疲れが完全に抜けます。そして、疲れが溜まりにくくなり、自分から限界が解るようになり、ご自身で対処しようと思える身体になります。上部頸椎が正常な位置にあり、脳幹部が正常に働いていると、どうしようもない程の腰痛とは無縁になります。

●ぎっくり腰
これも疲労性腰痛と近いものがありますが、この場合、内臓の疲れも原因と考えられます。
内臓の疲れ、特に肝臓です。肝臓は物言わぬ臓器と言われていますし、漢方では筋を支配する臓器とも言われます。肝臓が疲れると、身体が硬くなり、ちょっとした事(くしゃみなど)で、ぎっくり腰になってしまう事があります。目を使い過ぎる方(目と肝臓は相関関係にあります)や、飲み過ぎている方(特にストレスで飲んでいる方)等は、要注意です。この場合でも上部頸椎の調整は有効です。調整後すぐに回復する方と、2〜3日後に回復する方がいますが、疲労性の腰痛同様、ご自身で健康管理が出来やすくなりますから、酷いぎっくり腰にならなくなります。ぎっくり腰は、部位が異なるだけで、首の寝違いやぎっくり背中と共通と考えられます。

●すべり症・分離症
ハイヒールを良く履く方等に多いすべり症や、若い方でスポーツ等をやっている方に多い分離症は、上部頸椎を調整すると、姿勢がよくなるために、案外簡単に改善される事が多いです。
他の上部頸椎の先生も、改善報告を聞いているとの事。現代医学では難しい症状の一つになっていますが、これも腰は腰と言う見方の盲点の一つではないでしょうか。

●つぶれ型 腰痛
腰椎の4番5番がつぶれているという診断をされた方、この腰痛は一番厄介な腰痛です。痛みが無くても身体のケア(ストレッチや腰湯等)を常に行っていかないと思われるものです。ひどくなると、10分も立っていられないとか、掃除や何かスポーツとかやった後に腰が曲がらない(前屈が出来ない)状態になったりするもの。整形外科では重りで引っ張ったりして治療を行いますが、あまり効果が無いのが現状です。
上部頚椎の調整は、この腰痛の方にも改善が見込めますが、やっかいな症状ですから定期的な調整をお勧めしています。


最強の腰痛との出会い

 その患者さまは、知人に連れられて来院されました。東海地方の方でしたが、この方の腰痛は凄かったです。どのように凄いかと言うと、寝ている間は寝返りも打てない、朝目が覚めたら起き上がるまでに40分の時間がかかる、歩くのすらもしんどいというような状態でした。
 腰周辺を軽く触ってもビーンと張っていて飛び上るほど痛みを訴えていました。首を触ったら、これが凄い張りで、実は首もかなりの痛みを感じていたようでした。腰の方が激痛なので、首の痛みはあまり気になっていなかったようです。
 頸椎をしっかりと調整したら、次の日から朝起きるのが楽になり、4回〜5回調整したあたり(2週間〜1カ月の期間)から、かなりの動きがよくなり、寝返りも打てるし寝起きもスムーズ、以前行っていたゴルフにも行けるようになったとの事でした。 腰を触っても、あれほど痛がっていた圧痛も殆んどなく、なによりも首の調子は1回目の調整後から楽になり、睡眠もよく取れるようになったとの事です。調整時の検査でも、仰向けやうつ伏せになる動作にかなりの時間を要していましたが、それもスムーズに行えるようになっていたことを思い出します。
 私(所長 渡辺)は、この患者さまの事を最強の腰痛の方だと呼んでいますし、この方を調整出来よい経験をさせて頂いたと思っており、相当の自信が付いたと感謝をしています。この方を調整してから、上部頸椎調整が腰痛にどのような影響を与えるかと事をしっかりと研究したところ、腰痛を持っている方の殆んどが頸椎の歪みをしっかりと持っているという事実が分かりました。
 どうぞ、腰痛で苦しみ、色々な腰の治療をされても改善されない方、首(頸椎)の歪みを疑ってみてください。一度試す価値は、十分あると思われます。


◇オプセラピーでの「腰痛」改善例◇

●東京都豊島区在住 81歳女性
腰痛で歩くのも辛く、いろいろな治療をしたのですが、一向に善くならず、近所の方がオプセラピーを紹介してくださり、飛びついてすぐに来ました。
一回目の帰りから、腰が伸びて歩くのが楽で、帰りに買い物をして帰りました。また何日かすると、段々腰が曲がり痛みが出てくるのですが、今まではこんなに善くならなかったので頑張って通うことにしました。今では二週間経っても痛くならず、歩くのも楽で、あちこち出歩くことも出来るようになりました。毎回、ほんと不思議だわと思いながら帰ります。
⇒この方は、インサイト(当時導入していた検査機器)でもかなりの緊張が見られましたが、そのインサイトでの結果がかなり綺麗になり始めたころには、痛みが無くなり歩くのも楽になっていました。毎回、調整後は背筋が伸びて帰り、来る時にはまた丸くなるという繰り返しでしたが、明らかに初診時と比べたら格段の差で姿勢が善くなっていました。12回ほどの調整で安定しました。

●東京都新宿区在住 78歳女性
来院時の5年前に踏み台を踏みはずし腰を強打して以来、腰痛に悩まされていました。寝返りもきつく痛みで眠れないこともあり、主人に辛くあたっていたのです。いろいろ治療もしましたが、諦めていたころに、こちら様を紹介して頂き伺いしたところ、何かスーッとした気分になり、その日はぐっすり眠れて翌日から家事も楽で久し振りにご飯を作ったりしました。また、痛い痛いと良く口にしていたのが殆んど口にしなくなったので、主人から「お前痛いと言わなくなったな」と言われて驚いていました。今では、寝返りがなかなかうてなかったのが楽に出来るようになり、主人にも愚痴を言わずに、いろいろと片付けやらを出来るようになりました。もう一度海外旅行もとも思えるようになっています。
⇒どこかを強打したということは、必ず上部頸椎は歪んでいるのです。そのため、いろいろな腰の治療をしても効果がなく、辛かったのでしょうね...。上部頸椎を調整すると、頸椎の奥にある大切な脳(脳幹)が働きやすくなり睡眠が取りやすくなります。そのために気分が善くなり、ご主人にも愚痴も言わなくなり、行動も楽になり、気力も湧き海外旅行へもと思えたのでしょう。まだ、完全ではないので間を開けて今でも定期的に通われています。

●東京都江戸川区在住 40歳男性
朝起きると腰が痛い状態でした。一回目の治療の翌日から、朝起きて腰が痛かったのが無くなり、今でも無いのです。寝起きも善いし、びっくりしています。良く説明を聞き、体験したので納得です。でも、腰を治療しないで、腰が善くなるとは今まで思いもしませんでした。
⇒この方は腰痛のために来られたのではなく、全体的な身体の疲れだるさで来られました。一回調整した後しばらく来られなかったのですが、転んで後頭部を打ち、首肩が痛くなり同時に腰痛も出てきたらしく、二回目の調整に来られました。調整後は首肩も腰も同時に善くなり、三回目はメンテナンスで来られたのですがその後腰痛は一切出ていないとことです。

●東京都武蔵野市在住 27才女性
首肩の凝りと、同時に腰痛がありました。生理痛も一日目は薬を飲ん状態。他には、冷え性もあり夏にも靴下を履いて寝ていました。それが一度の調整で嘘のように首や肩凝りが軽減して、腰痛も無くなりました。首や肩はたまに凝りますが、以前とは違い軽く回復しやすいです。腰痛はあれから一度もないですし、生理痛も薬を飲まないでいられます。あと、冷え性も無くなっているのにはびっくりです。今は趣味のダンスのターンも安定しています。
⇒この方とは、あるダンスの会場で会いました。その時に、首を思い切り手で鳴らしていたので、様々な不調があるのではと思い、いろいろ聞いてみるとあちこち身体に不調なところがあるとの事でした。全て善くなるかも...とお伝えしたところ、来院され上記の結果になったのです。身体の柔らかい方で、頸椎の可動域も広いので歪みやすく、繰り返し二週間〜一ヶ月の間隔で通院して頂きましたが、ある時から歪まなくなり安定しました。7回通われた後は、今でも安定しているようです。


ここでは紹介しきれないほど、沢山の方が首(上部頸椎)だけの調整で腰痛が軽減・解消されています。



オプセラ腰痛チェック

□ 以前から頭痛や首の痛みや肩凝りがある、また、良く寝違える
□ 子供の頃に、頭や尾てい骨を強打等の衝撃を受けた
□ 交通事故にあった(ムチ打ち等)
□ 中学・高校時代、スポーツを本格的にやっていた
□ 今の仕事はパソコンが中心で、座っている時間が長い
□ 歯のかみ合わせが悪い(顎関節症等)
□ 睡眠がうまくとれない、朝から疲れている
□ 人にぶつかったり、転んだりすることが多い
□ 自律神経失調症と診断されたことがある

腰痛をお持ちの方で、上記の項目が一つでもあれば、
その腰痛は首の歪みが原因である可能性が大です。


 自分で出来る頸椎歪みチェックはこちら



その○○、首の歪みが原因では?!
重度アトピー 生理痛・PMS 婦人科系(不妊、任活、更年期等) 無呼吸症候群
腰痛 手のしびれ・足のしびれ 肩こり・頭痛・冷え性 寝違え・寝違い むち打ち・後遺症


 

オプセラピー研究所オプセラピー研究所

〒171-0033
東京都豊島区高田2-17-20
サンシン目白ビル4F
Tel: 03-5979-4745
お問合せフォーム