本文へスキップ

脳幹活性 オプセラピー研究所(重度アトピー)

予約サイトお問合せフォーム

Tel: 03-5979-4745

手のしびれ・足のしびれpins and needles

その手足のしびれ、上部頸椎の歪みが原因では!?

突然 手のしびれ・手の痛み・腕のしびれ・腕の痛み・足のしびれが出たら本当に心配になり、不安な日々を過ごすことになると思います。
手のしびれが出て、まずは整形外科に行かれる方が多いと思いますが、「その手のしびれの原因は、首の4番目5番目の歪みからでしょうね」とか、「ストレートネックが原因かも」とか、「加齢が原因ですから、もう治りません」などと言われる方が多く、整形外科での治療は、牽引、シップ、痛み止め、血行をよくする薬といった治療になり、手のしびれは改善されない方が多いのが現状です。

オプセラピーでは上部頸椎を調整して、脳幹を活性化させて行きます。
それにより、手のしびれ・手の痛み・腕のしびれ・腕の痛み・足のしびれは改善されていきます。

頭蓋骨と上部頸椎上部頸椎1番目・2番目 左の写真のように、上部の頸椎とはかなり小さく、大きな頭蓋骨を支えています。骨の接点は小指の先(第一関節)の部分ほど、この小さな接点で頭蓋骨を支えているのです。

頸椎1番目(C1)は、他の頸椎・背骨の部分より可動行きが大きく、動きやすく出来ています。回旋(ひねり)や側屈(左右に横に倒す)、上下(あごの上げ下げ)というように、首を自由に動かすためにかなりの可動を行うからです。動きやすいということはズレ易いと言えるのです。



●手のしびれでお悩みの方では、上部頸椎の歪みにより、下記写真のように神経の通る穴(椎孔)が若干ふさがれ、神経の流れが悪くなりしびれに至っている方が、かなりの割合を占めています。

上部頸椎1番目・2番目 上部頸椎1番目・2番目の歪み
上記の左の写真は、頸椎1番目(C1)と2番目(C2)の正常な状態。
頸椎1番目は、右の写真のように前にずれることがあります。

上部頸椎1番目・2番目の歪み
手のしびれでは、左記の写真@のように、後方にずれることが多いです。
手のしびれでも、部位によってはAの歪みの時もあります。

上部頸椎1番目・2番目の歪み
手のしびれで近年多いのが、左記の写真のように、下の骨(頸椎2番目)がAのようにずれることです。
Aが逆の方向にずれれば、両手がしびれるということも充分に考えられます。



●手のしびれで悩んでいる方の中で、後方に首が曲がらないと言う方が結構の割合でいます。
 
整形外科を受診した方の殆どが「後方に曲げないようにと言われた」と仰いますが、上部頸椎を調整すると、後方へのスムーズな伸展が行えるようになり、それと同時に手のしびれがなくなり、その後も再発しない方が殆どです。
痺れている年数や年齢、身体の質等で治り方は人それぞれですが、ある回数になるすと可動域が正常になる方が多いです。
下記左の写真のように、下への可動域はあるが、右のような後ろへの可動域は無くなると言う方が多いです。また、斜め後ろにするとしびれが出ると言う方も多いです。

しびれの原因の一つ、上部頸椎の歪み。頸椎の一番目は、二番目の突起に阻まれ、後方(後頭部側)にずれることはありません。下記左の写真のように前方(顔側)に歪みます。
前方(顔側)に歪む原因としては、通常の仕事での姿勢、前ばかりを向いているディスクワークが多い等があります。そこにムチ打ちという衝撃が加わり、下記の写真のような歪みが発生します。他の頸椎のゆがみはそれほど上下に強くゆがみません。
古いムチ打ちがある方は、50歳代で首が後ろに曲がらなくなるという方が多いですが、何回か調整していきますと後ろへ楽に曲がるようになります。

経過した年数により、かなりの回数の調整が必要な方もいらっしゃいますが、スムーズな可動域が出てくるとムチ打ちでの手のしびれは軽減、または消えていることが多いです。




◆比較的容易に改善される方(数回)

 ◇ 外傷(ムチ打ち等)で頸椎が歪み、手にしびれが出ている方
 ◇ 発症して3ヶ月しか経過していない、手のしびれの方
 ◇ 手のしびれというよりも、痛みのほうが強く、時々気にならない時もある方

◆少ない回数で改善される方(7回から12回位)

 ◇ 過去にも現在でも適度な運動をしているが、手のしびれが出ている方
 ◇ 手のしびれが出始めたのは最近だが、
  過去に事故やスポーツ(ラクビーや柔道等)で首に衝撃を受けた事がある方
 ◇ 発症して3年内で、時々手のしびれが出たり出なかったりしている方

◆ある回数を行なえば改善されるが定期的に診療が必要な方

(痛みの伴う場合、数回で痛みは改善されると思われますが、手のしびれの改善は時間がかかります。12回以上は間違いなくかかります。)

 ◇ 最近、手のしびれに痛みを伴い、腕が抜けるように痛くなり、夜も眠れない方
 ◇ ブロック注射や強い痛み止めをかなりの期間行ったが、また手のしびれが強く出ている方
 ◇ 手のしびれがある60歳以上で、首が後に行きづらい方(うがいが出来ない等)

◆手の痛みの改善が難しい方

(下記の場合、当研究所の頚椎調整を受けると、脳幹が活性化し、身体が動きやすくなったり、痛みを伴うものであればその痛みがなくなったりすることがあります。また、手術をされる場合は、成功率があがり術後の経過も良いと思われます。どんな治療をするにしても、ご自身の治癒力(生命力)をアップさせておくことは大事です。 )

 ◇ 両手が同じようにしびれているのが3年以上続いている方
  (まだ数ヶ月であるという場合は、改善の可能性大)
 ◇ 脳障害で、手のしびれが出ている方




しびれに影響する上部頸椎の歪みは、いつから?どんなことで?

 ■ 生まれてきた時から歪む
 ■ 生活習慣での歪みや、スポーツ・音楽で歪む
 ■ 眼の使い過ぎで歪む
 ■ 衝撃により歪む
 ■ ストレスにより歪む


詳しくは、上部頸椎のページへ



◇オプセラピーでの「手足のしびれ」改善例◇

●20年来の右手のしびれ(指4本小指を除くうち2本は麻痺して感覚がない)がありましたが、一度目の調整で薬指のしびれが完全になくなり、他も感覚が出てきた、診療を今現在も継続中です。

●60代男性、医者に「その手のしびれは治りません」と言われました。しかし、首が後ろに全然行かなかったのが、何回かの調整後、可動域が広がって、手のしびれも段々気にならなくなりました。今では半年一年に一度身体のケア(手のしびれ予防)に行くくらいになりました。
(この方12回ぐらいで相当改善されました。)

●自分の手のしびれもあったのですが、妻にも手のしびれがありました。一度受けてみたら手ごたえを感じ、その日のうちに妻の予約を取り、妻も翌日に伺いました。何回(7回程度)か調整しているうちに殆ど手のしびれがなくなり、夫婦で手のしびれが改善されました。
(大阪在住。ご主人は落語家で東京での仕事が多く、たまに奥さんが身の回りの世話で東京に来ていた、通いやすい環境ではありました。)

●60代男性、医者では手術を勧められましたが、知人の紹介で来ました。何度か調整したら、手のしびれ(腕のしびれ、痛みもあり)はかなり改善され、7回ぐらいで殆ど手のしびれも腕のしびれもなくなった。
(手術は喉から切って行うらしく、それが嫌で当方に来られたようです。)





その○○、首の歪みが原因では?!
重度アトピー 生理痛・PMS 婦人科系(不妊、任活、更年期等) 無呼吸症候群
腰痛 手のしびれ・足のしびれ 肩こり・頭痛・冷え性 寝違え・寝違い むち打ち・後遺症


 

オプセラピー研究所オプセラピー研究所

〒171-0033
東京都豊島区高田2-17-20
サンシン目白ビル4F
Tel: 03-5979-4745
お問合せフォーム