アイトレの特徴

近視・乱視・遠視・老眼・眼精疲労に朗報!!
視力回復サポートの新常識『アイトレ』!!

眼が悪くなる=メガネやがてはコンタクトに…
眼科に行っても視力の回復指導を真剣にしてくれるところはありましたか?
これからは、眼が見にくくなったら『アイトレ』で眼筋をほぐし鍛えて視力を元に戻そうということが当たり前になるかもしれません。

当研究所でのアイトレ施術の様子

オプセラピーでは、上部頸椎の歪みやすい方を永年研究してきましたが、歪みやすい方の殆どの方が眼の問題(近視や乱視等)がある方、また眼を酷使している方で、後頭部の凝りを訴える方が多く、それが上部頸椎の歪みに繫がることがはっきりと解ってきました。
そこで、眼のケアをどのようにすれば良いのかな?と考えていたのですが、このアイトレに出会い、私自身が体験して、これは間違いなく眼の問題を解決出来ると思い導入しました。
殆どの方が驚きの体験をされていますことに、導入して本当に良かったなと思います。
どうぞ一度ご自身で体験されてみてください!!

アイトレは他の方法より費用を抑えられる!!

オルソケラトロジー

夜寝るときにコンタクトをつけて寝る方法です。効果は間違いなくあるようですが費用は40万円ほどかかるようです。
毎日夜寝るときに装着しないと効果が出にくいようです。(人によっては週2回~3回)

レーシック

眼の悪い方なら誰もが一度は考える方法ですが、費用は8万から25万以上ですが、老眼の進みが早いだろうと言われていますし、事実そのような問題に直面している方が多いようです。

アイトレ

一回30分を週に一回のペースで、またご自身でも簡単な眼のトレーニングをすることで効果を持続可能です。
始めのころは週に一回を安定したら月に一回程度(視力の状態で続ける回数が違います。)、眼精疲労を抜くのにも効果があるので継続的な施術をおすすめしています。
0.1以下の方が裸眼になるまでの費用は10万円前後で可能で、手術を受ける事も無く、毎日寝るときにコンタクトを外すような手間もいらない新時代の眼筋トレーニングです。

》詳しくは『アイトレVSレーシック』をご覧ください。

アイトレを受けると自律神経が整う!!

眼は脳に直結している臓器です。
眼の疲れや使い過ぎが、脳の中枢(脳幹)のストレスになり働きが低下します。眼筋をほぐすことや刺激が伝わることで、脳幹が活性化して自律神経が正常に働き出すのだと考えられます。
アイトレを受けて家に帰ったら凄くよく寝られたという方も結構います。

アイトレ前

アイトレ後

オプセラピー上部頸椎の調整との併用で効果アップ!

アイトレの効果をより高めるためには、オプセラピー上部頸椎の調整を受けられることをおすすめします。

オプセラピー上部頸椎調整を受けることで、身体全体の疲労が抜ける等の好転反応が起こり、上部頸椎の神経反射である視神経に影響し、視神経の流れが良くなります。
(実際に、調整後に眼が見えやすくなる、視界が広がる、明るくなると言う反応を言われる方も多いです。)

このことから、オプセラピーがアイトレの効果に良い影響を与えることが考えられます。
オプセラピー上部頸椎で視神経の通りを良くし、アイトレで凝り固まった眼筋をほぐすことで、相乗効果が生まれるのです。

まずは、オプセラピー上部頸椎を受けられて骨格のバランスを整え、脳神経の滞りを無くすことがより効果を上げる近道になります。
また経済的にも少ない回数で良い結果が出やすくなり、アイトレを受けるにもお得な料金になりますので、おすすめです。